ジャパンパラ1日目

Pocket

2017パラ水泳~ジャパンパラ~一日目

 

9月2日から3日にかけて東京辰巳国際水泳場にてジャパンパラ水泳競技大会が行われた。各地の地方大会を勝ち抜いてきたトップアスリートたちが肩を並べる国内最高峰のこの大会。1991年に始まり今年で27回目を迎える。今年は初めて海外からの招待選手が5人参加し、世界の強さを見せつけた。海を越えて互いに切磋琢磨し、2020年の東京パラリンピックをより一層盛り上げようという思いが見て取れる。スペインのミシェル選手は日本の大会の印象を聞かれると、「とても温かいし、素晴らしい日本の選手と泳げて刺激になった」と語った。

この日400m自由形で4分39秒71のアジア新記録をたたき出した富田宇宙選手。従来のアジア記録を2秒更新するタイムであった。その大きな要因が、S12からS11へのクラス変更である。より重い障がいのクラスに認定されたのだ。3歳から水泳を始めた富田選手。高校2年時から徐々に視力が低下し、卒業時には競技継続困難な状態となった。その後競技ダンスにも手を伸ばすも再び水泳を始めることを決意。「進行性の障がいなので、いずれクラスが変わることは分かっていました。しかし、もうかという感じです」と戸惑いも口にしたものの、「なかなか障がいが悪化して喜ぶ人はいないと思うんですけど、幸いこの競技をやらせてもらっているので、この結果を前向きにとらえたい」と明るく語ってくれた。これにより、日本を代表する木村敬一選手と同じクラスとなり、最大のライバルとなったことは間違いない。ハイレベルな日本人対決からも目が離せない。

また今大会は9月30日から10月6日にかけてメキシコで行われるワールドパラ水泳選手権大会に出場する全24名の日本代表選手が紹介され、会場全体から激励を受けた。北野安美紗選手と並び14歳という最年少で日本代表に選ばれた宇津木美都選手は「最年少ということでチーム全体を明るくできる存在になれたらいい」とチーム全体のことを語ってくれた。

この世界選手権は高地での開催となるため、障がい等から来る高地での競技リスクも考慮され、派遣を見送られた選手もいる。選手たちが口を揃えて語ったのは高地での特殊なトレーニングの必要性だ。酸素が薄い中で、最大限のパフォーマンスを発揮するため、それぞれが高地トレーニングを強化している。

世界選手権を見据えたレースをする選手、将来日本代表に選ばれることを目標に記録と戦う選手、地方大会との違いを噛みしめこの大舞台を楽しむ選手。今回も多種多様な選手が活き活きと輝く姿を見ることができた。

 

広報インターン生

太田彩恵(慶應スポーツ新聞会)