2016ジャパンパラ水泳競技大会観戦記


 

7月18日・19日、横浜国際プールにて行われた、2016ジャパンパラ水泳競技大会。全国から精鋭が集まる今大会にはたくさんの観客が詰めかけ、会場は熱気に包まれた。IMG_6804

両日とも午前に予選、午後に決勝が行われたうえ、2日連続の出場となる選手も多かった。しかし、どの選手も疲れを感じさせず、力強い泳ぎを披露。大会記録や日本記録、アジア記録が数多く樹立され、そのたびに歓声が飛び交った。リオデジャネイロ・パラリンピックに向け最後の大会となる今大会には、日本代表選手19名も出場。圧巻の泳ぎを見せた。

代表チームのキャプテンを務める山田拓朗選手は、50m自由形(S9)と100m自由形(S9)で日本新記録を樹立。北京・ロンドンパラリンピックでは惜しくもメダルを逃したが、リオでのメダル獲得に向け着実に力をつけてきた。確かなその泳ぎで、チームを引っ張っていくに違いない。

同じく北京・ロンドンの経験がある木村敬一選手も、100mバタフライ(S11)で大会記録を更新する活躍を見せた。ロンドンでは同種目で銅メダル、100m平泳ぎで銀メダルを獲得。リオでの泳ぎには世界中の注目が集まる。子供の頃から様々なスポーツに取り組んできたという木村選手。全盲である彼にとって決して簡単なことではなかったが、専用の器具を使ってスキーを楽しんだ幼少時代。自転車にも乗り、地面の形を覚えることで操縦をした。世界を制す木村選手の強さは、そんなアクティブな生活の中で培われたのかもしれない。

知的障がいを持った選手は数多い。その中で、津川拓也選手は100m背泳ぎ(S14)で自己ベストと同時に大会新記録をマークし、優勝。リオに向けて『パラリンピックの出場は2回目なので、メダルを目指して頑張ります』と意気込んだ。

また、今大会で特に注目を集めたのが成田真由美選手。45歳にして、50m自由形(S5)と200m自由形(S5)の2種目で日本記録を塗り替えた。アトランタ大会から北京大会まで、金15個を含む計20個のメダルを獲得している成田選手。リオ大会もまた、彼女の圧倒的な強さに期待が懸かる。

IMG_6815一方で、パラリンピック初出場となる若手選手の活躍も光る。トヨタ自動車のCMでお馴染み、大学2年生の一ノ瀬メイ選手。50m自由形(S9)、200m個人メドレー(SM9)、100mバタフライ(S9)に出場し、全種目を制した。

IMG_6821代表チーム最年少の17 歳、池愛里選手も同じく全種目で優勝。200m個人メドレー(SM10)で日本新記録、100m平泳ぎ(SB9)、100m背泳ぎ(S10)で大会新記録を樹立した。しかし、自己評価は厳しい。得意の100m背泳ぎでは予選から決勝でタイムを落としてしまい、『練習でできていることができなかった』と悔しさをにじませた。178cmの長身を生かした泳ぎが彼女の魅力。リオでは7種目に出場予定だが、全ての種目で自己ベスト、100m背泳ぎではメダルを目指す。

様々な障害、様々な経験。それぞれのバックグラウンドを持った選手たちが、同じ舞台で輝ける。それが、パラ水泳の魅力。固い意志を胸に世界に挑む彼らは、間違いなく日本の誇りだ。

 

記:広報インターン 鈴木 優子(慶應義塾大学慶應スポーツ新聞会)